MENU

【紹介予定派遣はやめたほうがいい?】やめたほうがいい理由7つを徹底解説!

【紹介予定派遣はやめたほうがいい?】やめたほうがいい理由7つを徹底解説!
この記事でわかること
  • 紹介予定派遣はやめたほうがいいと言われる理由
  • 紹介予定派遣を選ぶべき人の特徴
  • 紹介予定派遣の評判まとめ

この記事は紹介予定派遣に興味がある方必見です!

今回は紹介予定派遣はやめたほうがいいと言われる理由を詳しく解説します。

紹介予定派遣を選ぶべき人の特徴もあわせて解説しますね。

紹介予定派遣って結局どうなの?と気になっている人も大丈夫

今すぐやるべきことがわかりますので、最後まで読んでみてくださいね。

紹介予定派遣はやめたほうがいいと言われる理由を先に知りたい人は以下からどうぞ!

目次

紹介予定派遣とは?

紹介予定派遣とは?

最初に、そもそも紹介予定派遣とはなにかを解説します。

紹介予定派遣の基本的な知識を確認してくださいね。

  • 紹介予定派遣の基本情報
  • 紹介予定派遣のメリットとデメリット

紹介予定派遣の基本情報

紹介予定派遣とは、一定期間の派遣期間を経て、派遣先の企業が派遣社員を正社員として採用することを前提とした派遣形態のこと。

この制度は派遣社員と派遣先企業の双方にとって、お互いの適性や相性を確認しながら働くことができるメリットがあります。

具体的には派遣社員は一定期間、派遣として働きながら、その企業の雰囲気や業務内容を実際に経験することが可能。

この期間を通じて、派遣社員と企業双方が納得の上で正社員としての採用を進めることができるのです。

例えば、AさんがB企業での業務内容や職場環境を気に入り、B企業もAさんのスキルや人柄を高く評価した場合、正社員としての採用がスムーズに進むことが期待されます。

このような形態は、特にキャリアチェンジを考えている人新しい職場での適性を試したいと考えている人にとって有効な選択肢となりますね。

また、企業側も新しい人材をリスクを抑えて採用することができるため、双方にとってメリットが大きい制度と言えるでしょう。

大手有名企業の事務職に興味がある人にはアデコがおすすめ!

アデコ 』は大手有名企業の事務職の仕事が豊富にラインナップされている派遣会社です。

世界60か国でサービスを展開し、日本でも30年以上の実績がある大手派遣会社なので、業界トップクラス級の求人がそろっていますよ。

アデコは次のような働き方をしたい人におすすめです。

  • 憧れの業界・企業で働きたい
  • 未経験からキャリアチェンジしたい
  • 家事・育児と仕事を両立させたい

事務系を中心に幅広い求人があるので、興味がある仕事が見つかりやすいのが特徴。

  • 一般事務・OA事務
  • 営業事務
  • 経理・財務
  • 人事・総務
  • 英文事務
  • 販売
  • テレマ
  • IT系

など、幅広い仕事から自分に合った条件で探せるのが嬉しいポイントです。

アデコは友人・知人におすすめしたい人材派遣会社No.1(2021年:NPSベンチマーク調査)。

満足度が高い派遣会社なので安心して利用できますね。

アデコには紹介予定派遣の求人もたくさんあるのが良いところ。

キャリアコーチにサポートしてもらいながら正社員を目指せるので、未経験の人も安心です。

有名企業の正社員になりたい!」という方はぜひ詳細をチェックしてくださいね。

\未経験から正社員を目指せる/

▼アデコの評判はこのような感じ。

紹介予定派遣のメリットとデメリット

紹介予定派遣には多くのメリットが存在しますが、一方でデメリットも考慮する必要があります。

メリット

メリットとしては、派遣社員と企業双方がお互いの適性や相性を確認しながら働くことができる点が挙げられます。

これにより、正社員としての採用時におけるミスマッチのリスクを大きく減らすことができます

また派遣社員にとっては正社員としての採用を前提としているため、安定した雇用を期待できるというメリットもあります。

企業側にとっては、新しい人材をリスクを抑えて採用することができる点も大きなメリットとなります。

デメリット

一方、デメリットとしては、派遣期間中は正社員としての待遇を受けることができない点が挙げられます。

これにより、給与や福利厚生などの面で不利益を受ける可能性があります。

また、派遣期間が終了した後に正社員としての採用がなされない場合、新たな職を探す必要が出てくるというリスクも考慮する必要があります。

以上のように、紹介予定派遣にはメリットとデメリットが存在します。

これらをしっかりと理解し、自身のキャリアプランに合わせて最適な選択をすることが重要です。

紹介予定派遣の基本情報を知っておきましょう。

紹介予定派遣はやめたほうがいいと言われる理由7つ

紹介予定派遣はやめたほうがいいと言われる理由7つ

それでは紹介予定派遣はやめたほうがいいと言われる理由を詳しく解説していきます。

「紹介予定派遣って実際どうなの?」と気になっている人はチェックしてくださいね。

やめたほうがいいと言われる理由①派遣期間が社員登用の試験期間になる

紹介予定派遣の派遣期間は事実上の試験期間となります。

派遣期間中は派遣社員の実力や適性が試されるため、一定のプレッシャーを感じることがあります。

また、この期間が終了すると、正社員としての採用が決定されるわけではありません。

企業の判断によっては採用されない可能性もあることを知っておきましょう。

やめたほうがいいと言われる理由②選考倍率が高い

紹介予定派遣のポジションは正社員登用を前提としているため、応募者が多くなりがち。

これにより、選考倍率が高くなることが多く、競争が激しくなる場合があります。

希望するポジションに採用されるためには、高いスキルや経験が求められることがありますよ。

やめたほうがいいと言われる理由③社員登用されるかわからない

紹介予定派遣では、派遣期間終了後の社員登用が保証されているわけではありません

企業の経営状況や業績、派遣社員の実績や評価など、多くの要因が影響して社員登用されるかどうかが決まります。

このため、社員登用されない場合もあるのが事実。

派遣期間での仕事が無駄になる可能性があると言えますね。

やめたほうがいいと言われる理由④派遣では最大6か月しか働けない

紹介予定派遣の契約は、厚生労働省の労働者派遣法より最大6か月と決まっています。

このため、社員登用されてもされなくても6か月後には労働環境が変わります

特に社員登用されなかった時のデメリットが大きいのが特徴です。

やめたほうがいいと言われる理由⑤派遣期間中は正社員より給与や待遇が低い

紹介予定派遣の派遣期間中は、正社員としての給与や待遇を受けることができません

これにより、給与面での不利益を受ける可能性があります。

また、福利厚生や昇給、昇進の機会も限られるため、キャリア形成の面でのデメリットもあります。

やめたほうがいいと言われる理由⑥緊張感のある勤務が続く

「派遣期間=試験期間」なので常にジャッジされている緊張感があります。

そのため「採用されなかったらどうしよう」といった不安が続きやすいと言えます。

派遣期間中に仕事に慣れるだけではなく成果を出さないといけないのが難しい点ですね。

やめたほうがいいと言われる理由⑦不採用になると短い職歴がつく

紹介予定派遣の最大のリスクは、派遣期間終了後に正社員としての採用が実現しないことです。

派遣期間中に企業からの評価を得られなかった場合、期間終了後にはあらためて転職活動を始める必要があります。

短い職歴がつくことになるので次の派遣先での面接で理由を聞かれる可能性もあります。

紹介予定派遣を選択する際には、これらのリスクを十分に理解し、自身のキャリアプランや目標と照らし合わせて検討することが重要ですよ。

紹介予定派遣はやめたほうがいいと言われる理由を知っておきましょう。

紹介予定派遣を選ぶべき人の特徴3つ

紹介予定派遣を選ぶべき人の特徴3つ

次に紹介予定派遣を選ぶべき人の特徴を紹介します。

やめておいた方がいい理由がある一方で紹介予定派遣に向いている人もいるので、ここでチェックしてくださいね。

  • 転職活動の時間を有効活用したい人
  • 派遣期間を経て正社員を目指したい人
  • 企業の実際の職場環境を確かめながら働きたい人

特徴①転職活動の時間を有効活用したい人

紹介予定派遣は、転職活動の時間を有効に活用したい人に最適な選択肢となります。

転職活動は時間と労力を要するものであり、多くの人が求職活動と現在の仕事を両立させるのが難しいと感じています。

紹介予定派遣を利用することで、一定の期間、派遣として働きながら、その企業の雰囲気や業務内容を実際に経験することができます。

この期間を利用して、企業との相性や自身の適性を確認することができるため、転職活動の時間をより効果的に活用することが可能です。

特徴②派遣期間を経て正社員を目指したい人

紹介予定派遣は、派遣期間を経て正社員を目指したいと考えている人にとって魅力的な選択肢です。

なぜなら派遣期間中に企業の業務内容や職場環境を十分に理解した上で、正社員としての採用を目指すことができるからですね。

このような流れは、新しい職場での適性を試したいと考えている人キャリアアップを目指している人にとって、大きなメリットとなりますよ。

特徴③企業の実際の職場環境を確かめながら働きたい人

紹介予定派遣は、企業の実際の職場環境を確かめながら働きたいと考えている人にもおすすめです。

新しい職場に飛び込む前に実際の業務内容や職場の雰囲気を知ることは、非常に価値のある経験となります。

紹介予定派遣の期間を通じて、企業との相性や自身の適性を確認することができるため、新しい職場でのスタートがスムーズになります。

自分にとって紹介予定派遣が向いているかどうかを確認してくださいね。

紹介予定派遣はやめたほうがいいって本当?評判まとめ

紹介予定派遣はやめたほうがいいって本当?評判まとめ

この章では「紹介予定派遣はやめたほうがいいって本当?」と気になる人に向けて、紹介予定派遣の評判を説明します。

  • 紹介予定派遣で調べると「やめたほうがいい」って検索候補に出る
  • 紹介予定派遣の選考に全然通らない
  • 紹介予定派遣に面接は顔合わせ程度で正社員になれる

評判①紹介予定派遣で調べると「やめたほうがいい」って検索候補に出る

紹介予定派遣で調べると「やめたほうがいい」がネットの検索候補に出るという口コミですね。

「紹介予定派遣=よくない」ということではなく、紹介予定派遣に対して「やめたほうがいいのかな?」と疑問に感じている人が多いので検索候補に出ているというのが答え。

さきほど解説した通り、紹介予定派遣にはやめたほうがいい人と選ぶべき人がいます

自分がどちらかをじっくり考えてみてくださいね。

評判②紹介予定派遣の選考に全然通らない

紹介予定派遣は倍率が高くなる傾向があるのが特徴です。

よってなかなか選考が通らないことがあります。

派遣会社のフォロー力にも影響されるので、選考が通らない人は別の派遣会社に登録してみるのがおすすめですよ。

評判③紹介予定派遣に面接は顔合わせ程度で正社員になれる

紹介予定派遣は6か月間の派遣期間のうちに正社員になれるかどうかの評価がされます。

よって、評価が高い場合は顔合わせレベルの面接で正社員になれるのがメリット。

正社員の面接に受からない人は『アデコ』で紹介予定派遣からの社員登用を目指してみてくださいね。

実際の口コミを参考にしてくださいね。

紹介予定派遣の面接対策5つ

紹介予定派遣の面接対策5つ

続いて紹介予定派遣の面接対策について、詳しく説明します。

紹介予定派遣に挑戦する人はどのような対策が必要かを確認してくださいね。

  • 派遣先企業のリサーチと情報収集
  • 紹介予定派遣の特性を理解した自己PR
  • 過去の派遣経験や業務実績のアピール
  • 面接官の質問に即答するための事前準備
  • 社員登用後のビジョンや意欲を伝える

紹介予定派遣の面接対策①派遣先企業のリサーチと情報収集

面接前には、派遣先の企業についてのリサーチと情報収集が欠かせません。

企業の公式サイトやSNS、業界ニュースなどを通じて、その企業のビジョンや事業内容、業界の動向を把握することが大切です。

企業の成長戦略や取り組んでいるプロジェクト、社風などを調査し、面接での質問や自己PRの材料として活用しましょう。

でもどうやって情報収集したらいいの?」という人は『アデコ』のキャリアコーチに相談してみるのがおすすめ。

派遣先企業の情報を知り尽くしていますので、合格につながる面接対策ができますよ。

紹介予定派遣の面接対策②紹介予定派遣の特性を理解した自己PR

紹介予定派遣の特性を理解した上で最適な自己PRを行うことが重要です。

紹介予定派遣は一定期間の派遣を経て正社員としての採用を目指す制度

そのため、派遣期間中にどのような業務を経験し、どのような成果を上げたいか。

正社員としてどのような貢献をしていきたいかを明確に伝えることが重要です。

紹介予定派遣の面接対策③過去の派遣経験や業務実績のアピール

過去の派遣経験や業務実績をアピールすることで、自分のスキルや経験を面接官に伝えることができます。

具体的な業務内容や達成した成果、困難を乗り越えた経験などを具体的に話すことで、自分の強みや適性をアピールすることができますよ。

紹介予定派遣の面接対策④面接官の質問に即答するための事前準備

面接官からの質問に即答するための事前準備は、面接の成功を左右する要因の一つです。

面接での頻出質問や自分の経歴に関する質問に対して、事前に答えを準備しておくことで、スムーズに面接を進めることができます。

また、自分の強みや適性を伝えるためのエピソードも準備しておくと良いでしょう。

紹介予定派遣の面接対策⑤社員登用後のビジョンや意欲を伝える

社員登用後のビジョンや意欲を伝えることで、面接官に自分の将来像やモチベーションを伝えることができます。

具体的なキャリアプランや目標、そのためのアクションプランなどを明確に伝えることで、面接官に自分の意欲やビジョンを理解してもらうことができます。

繰り返しになりますが、紹介予定派遣の面接対策は、自分の経験やスキルをしっかりと伝えることが大切

また、派遣先の企業や業界の動向を理解し、それを踏まえた自己PRやビジョンを伝えることで、面接の成功に繋げることができますよ。

しっかり面接対策を行なって合格を獲得してくださいね!

やめたほうがいいって言われるけど…|紹介予定派遣の今後の展望

やめたほうがいいって言われるけど…|紹介予定派遣の今後の展望

「やめたほうがいい」と言われることもある紹介予定派遣ですが、今後どうなっていくのか?

紹介予定派遣を繰り返し活用していくことを考えている人はあわせて理解しておきましょう。

紹介予定派遣の将来性

結論、紹介予定派遣は今後さらに一般的な働き方になっていきます

近年、多様な雇用形態が求められる中で、紹介予定派遣はその一つとして注目されています。

経済の変動や労働市場の動きに応じて、紹介予定派遣の需要は増減しますが、企業側のリスクを低減する手段としての側面や、求職者にとっての新しいキャリアの選択肢としての側面があります。

今後も、経済の動向や労働市場の変化を踏まえ、紹介予定派遣の市場は拡大すると予測されます。

また、紹介予定派遣を活用したキャリア形成のサポートや、研修・教育の充実など、より質の高いサービスが提供されることが期待できますよ。

紹介予定派遣は注目されている働き方の1つですね!

紹介予定派遣を選ぶ際の注意点

紹介予定派遣を選ぶ際の注意点

紹介予定派遣を選ぶ際の注意点について詳しく説明しますね。

選択ミスをしないようにここで注意点をチョックしておきましょう。

  • 契約内容を十分に確認する
  • 信頼できる派遣会社を選ぶ

注意点①契約内容を十分に確認する

紹介予定派遣の契約を結ぶ際、契約内容の確認は欠かせません。

特に、派遣期間や給与、待遇、社員登用後の条件など、詳細にわたる内容をしっかりと確認し、不明点や疑問点は派遣会社に確認することが大切です。

注意点②信頼できる派遣会社を選ぶ

紹介予定派遣には、正社員登用後の条件変更や期間終了後の不採用リスクなど、様々なリスクが伴います。

これらのリスクを回避するためには、契約内容の確認や派遣先企業のリサーチ、自身のスキルアップなど、様々な対策が必要です。

リスクを最小限に抑えるためには事前の対策が重要。

信頼できる派遣会社に登録することでリスクを最小限に抑えることができますよ。

信頼できる派遣会社を選ぶことが重要ですよ!

紹介予定派遣のよくある質問

紹介予定派遣のよくある質問

紹介予定派遣に関するよくある質問について、この章で詳しく説明していきます。

  • 紹介予定派遣と一般派遣の違いは?
  • 派遣期間中の給与や待遇はどうなるの?
  • 社員登用後の給与や待遇は変わるの?
  • 派遣期間が終了した後、登用されなかった場合の対応は?
  • 紹介予定派遣の契約更新や期間延長は可能?
紹介予定派遣と一般派遣の違いは?

紹介予定派遣と一般派遣の最大の違いは、雇用形態の目的にあります。

紹介予定派遣は、一定期間の派遣期間を経て、派遣先の企業に正社員として採用されることを前提とした雇用形態です。

一方、一般派遣は、特定の期間や業務のみを目的として派遣される形態となります。

紹介予定派遣は、正社員を目指す求職者や、新しい職場の環境を試してみたいと考える人に適しています。

派遣期間中の給与や待遇はどうなるの?

派遣期間中の給与や待遇は、派遣会社との契約内容に基づきます。

多くの場合、一般的な派遣社員と同様の給与体系や待遇が適用されます。

しかし、紹介予定派遣の特性上、将来的な正社員登用を見据えた研修や教育の機会が提供されることもあります。

具体的な給与額や待遇は、派遣会社や派遣先企業によって異なるため、契約前にしっかりと確認することが重要です。

社員登用後の給与や待遇は変わるの?

社員登用後の給与や待遇は、派遣期間中とは異なる場合が多いです。

正社員としての採用が決まった場合、給与体系や福利厚生、昇給・昇進のシステムなどが変わることが一般的です。

具体的な内容は、派遣先企業の規定や労働契約に基づくため、登用前に詳細を確認し、納得の上で正社員としての採用を受け入れることが大切です。

派遣期間が終了した後、登用されなかった場合の対応は?

紹介予定派遣の期間が終了した後、正社員としての登用がなされなかった場合、派遣契約が終了することとなります。

この場合、再度別の派遣先を探す、あるいは派遣会社との契約を更新するなどの対応が必要となります。

また、登用を希望していた場合は、その理由や背景を派遣会社や派遣先企業に確認することで、今後のキャリア形成の参考とすることができます。

紹介予定派遣の契約更新や期間延長は可能?

紹介予定派遣の契約更新や期間延長の可否は、派遣会社や派遣先企業の方針、および労働契約の内容によります。

一般的には、双方の合意のもとで契約更新や期間延長が行われることがあります。

しかし、紹介予定派遣の特性上、正社員登用を前提とした雇用形態であるため、期間延長の際には正社員としての登用の可能性や条件などを再確認することが重要です。

疑問をクリアにしておきましょうね。

まとめ|紹介予定派遣にはやめたほうがいい人と選ぶべき人がいる!

今回は紹介予定派遣はやめたほうがいいと言われる理由を詳しく解説してきました。

また紹介予定派遣を選ぶべき人の特徴や評判もあわせて解説してきました。

紹介予定派遣って結局どうなの?と気になっている人も大丈夫

紹介予定派遣はやめたほうがいいと言われる理由を繰り返し確認して、自分に適した働き方かをチェックしてくださいね。

▼派遣で働きたい人はこちらの記事もおすすめ!

あわせて読みたい
【派遣の顔合わせでの不採用サイン10選】落ちてばかりだけど違法じゃないの? この記事でわかること 派遣の顔合わせでの不採用サイン 派遣の顔合わせで落ちてばかりの理由 派遣の顔合わせで落ちるのは違法かどうか この記事は派遣の顔合わせで落ち...

>>【派遣の顔合わせでの不採用サイン10選】落ちてばかりだけど違法じゃないの?

あわせて読みたい
【派遣会社から連絡すると言ったのに】連絡来ない理由と対策を徹底解説! この記事でわかること 派遣会社から連絡が来ない理由 派遣会社から連絡が来ない時の対策 この記事は派遣会社から連絡が来ない人必見です! 今回は派遣会社から連絡が来...

>>【派遣会社から連絡すると言ったのに】連絡来ない理由と対策を徹底解説!

目次